« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月26日 (月)

Stage6

見たい人がいるみたいなのでSNSで公開ちゅーです。

ただ非常に汚い・・・



綺麗な動画が欲しい人はあげますので言ってください

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

Fraps

げっと




なので両手動画撮ってみました
見たい人はあげますので言ってください


1戦ならギリギリ取れるみたいですね



これからちょくちょく撮って行こうかな
ドラゴンが出ない戦争のみですが

ああでもエンコめんどくさいからとらないかもかも

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

両手の動き ~補足~

前回色々書いたけれども

あんなことを全部いちいち考えてやってるうちは、まだまだ死ぬと思います


うちはが動くのはいつも

何となーくだったり
多分こうかな?
何か行ける感じー


そういうてきとーな感覚に頼って動いてます。

ただ、やばいかなって思うときはどういう時だろうとか
今、ミスって死んだ、何で死んだ?とか
いけそうだな? 何でそう思った?とか

そういう理由を思い浮かべたら

前回の記事のような言葉が出てきただけであって


一番大切なものは

沢山の戦場や前線を今まで体験して、いろんな結果を見てきたという

純粋な経験と勘だと思う

考えて動いてるうちは行動が遅いです

前線に散らばる無数のチャンスは、一瞬ですり抜けていきますが
その中でどれだけ多くのチャンスを掴み取れるかっていうのは

考えてからじゃ間に合わないことが多いです

思考よりも反射で動くのが大事

でも
Pwたまったからいくぜ!とか
HPたまったからいくぜ!とか


そういうつまらない理由じゃなくて

経験と理屈に裏打ちされた勘で動きましょう

なので個人的には、TSなどのボイスチャットで、前線の連携が出来るかというと

逆効果だと思うんですよね

ただ僻地と主戦場の人同士で連絡を取り合うには、凄くいいんじゃないかなと思います

俺的にボイスチャットは、遠距離同士の味方が使うもの

最前線での連携に必要なものは、理屈と経験に裏打ちされた勘

あと、信頼

ついでにあくまで主観ですが

最前線で指揮を取る人間は、ハイエナタイプにはあまり向いていないです

ハイエナタイプの人間は何もしていない時間が多く
戦場の空気である時間が多くて
戦線の見極めもあまり出来ないことが多い

 

また大体のハイエナは視野が狭いです

弱い奴やすぐに倒せる相手くらいしか見つけることが出来ない

見つけられないよりは、いい程度ですけどね

 

そういったハイエナ人間の指揮に従って味方が追従すると
前線押し上げのチャンスを逃すことが結構あります

 

指揮はHPの多い敵への対処を心得た人間がするべきかなーとか思ってたり

 

でもハイエナ同士で群れるのはありかなーとも思う

貢献度は低いし邪魔になるときもあるけど

 

ただベストではなくベターでもなく
とはいえバッドでもない

その程度だと思います

 

最後に一番大切な事

 

ここに書いたとおりやってもできねーぞ!とか死んだぞ!とか

そういうこともあるでしょうけど

案外そんなもんです

これは俺の動き方です
あなたの動きはあなたが決めるといいです

 

逆に

ここで書いてることと逆の事をやって

うまくいった!とか俺スゲー!とか

そういうことももちろんあると思います


誰かの言ってることが絶対正しい!なんてことはないです

 

最後に動きを決めるのは

他の誰でもない自分です







 
 

好きなようにやりましょう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

両手の動き

思いつくままにずらずらとパート2


流れをみて流れに乗る事

味方を頼らない事

前に出るときは前に出ること

突っ込み時は6割横から3割横から1割その他

常に敵の死角へ

敵の死角は味方の死角だと自覚

欲張らない

一撃離脱

一番大事な仕事はキルを取ること

でもキルはついでに取るもの

狙って取るものではない

慣れてきたら前線押し上げのための削りをやるべし

拾い集めたキルにあまり価値はない

でも拾い集めることすら出来ない奴よりはまし

ただ、まだ・・・まし程度だと自覚する事

敵前線をなでるように移動してえぐるように削る

前と横と後ろを見ること

崖や建築物をいつも利用すること

見えないところから見えてない相手を攻撃すること

相手のPwは常に意識をする事

Pwのある片手のいないところへ移動してPwの尽きた片手を探す


ストスマドラテでまとめて削るやり方

敵の後ろかやや後ろよりの真ん中へ飛び込む
確認点は片手のPwが切れていることを確認してからダイブ
タイミングとしては皿が魔法を撃とうかなと思い始めた時
死角ドラテで詠唱を止める感じ

ウェイブをよくする相手がいた場合は、1ステップで逃げれる退路を見つけてドラテ中に敵のスタンをもらってウェイブをもらう事も結構できる、けど死ぬ時はもちろんある

一番乗りで敵陣に飛び込まない事

自分の見てる場所にレインが落ちてなければ思い切り下がる事

サイドから飛び込むタイミングを伺っていると、大体敵皿が2,3対近づいてくる
その際は後ろを見て弓がいなければ全力で下がること

1VS1であれば皿も弓もエサ
敵援護が来る前に片付けられる自信があるなら潰す事

その際は敵援護が来る前に最速で殺しきる事
逃したら自分が死ぬと心得ること

自分よりHPのヲリの低い敵両手はエサ
2,3手でキルまで持って行けるおいしい相手なのでなるべく潰す事
目安のHPは400前後

バッシュ→ブレイズ→スタンプをした片手もエサ
スタンプ後の下がり際に1、2手くらい叩き込んであげること
鈍足はもらっちゃダメ

サイドで戦闘することが大体6割
中央付近は2割
その他2割

ヲリは凍ったら死ぬと思いましょう

なので凍っても大丈夫な位置で凍りましょう

最前線で凍る原因の7割は自分の不注意です

周囲の敵位置、味方の位置、敵弾幕の位置、味方弾幕の位置、敵集団と味方集団の進軍方向と視線の確認を常に行いましょう

というか両手は慣れてくるとこれ無意識にずっとやってます、じゃないと死ぬので

でもミスって凍ることなんてしょっちゅうだと思います

結構そんなもんなので諦めない事

スタンをもらったら死を覚悟しましょう
ただ体感として1,5~2ステップで味方に届く位置なら大体助かります

ソレデ助からないようならその戦場で片手には近づかないようにしましょう













絶対にしてはならない事は

味方を信じて背中を預ける事




他人は自分の思うようには動かないものです

期待はやめましょう

大抵の味方は自分の事で一生懸命です
他人の事まで面倒見れる余裕をもった人はあんまりいません

自分が死ぬのは7割は自分のせいです

他人のせいにするのはやめましょう

ただ余裕のある人は大体うまい人です

近くにいきましょう



例外として
信頼のおける味方と行動している時等は
多いに背中を預けて助け合いましょう
PTも組みましょう



でもそれは例外だとしっかり頭に叩き込む事




基本的に

つっこみどころ、攻めるタイミング、攻めた後自分がどうなるかの予想、退路の確保、HPとPwの残量確保、相手の行動予測、Pw予測、スキル予測

常に行って動きましょう


エンダーのおかげで行動阻害が少ない分

ヲリは予測が一番やりやすい職です


こうしたらこうなるだろう

これきついかな?
いやいけるかな?

とかですね


レインでのけぞって動けないままHPが減るとか
そういう事故が少ない分

しっかり予測をすること


 

 

これを一言でまとめると

 

 

 

 

周りを見て動きましょうって事です

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

1週分+11月平均

251 252 253 254 255 256 257 258 259 260
















最近はこんなかんじ

 

 

 

11月入ってからの成績をまとめてみた

 

 


Photo

 

 

 

 

 

 

 

 

前と大分変わったな~

 

とりあえず死にすぎなのでせめてデッドは1,5くらいに落とそう

今月残りでなんとかなるかすら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

2戦 with Ae

251 252





4号が入ってる部隊員と一緒に戦争










ナカナカ イイ!

結構背中を預けられる




いい動きする人いるなー

楽だし心強いわ



ヾ(ω)ノ また何回か行って見よう

新しい動きが出来そうだー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

3と4で1戦ずつ

4号で1戦

何か動きびみょーだった

1戦目はどーもうまく動けないなー

ハイハイからけからけ

249










3号で1戦

Lvあげついでかな

ドラゲーだったけど抜けなかった俺頑張った

経験値のためだ・・・っ

250






Lvほしいなー
ドラテやヘビスマのダメージが低くて涙目

クランブルがないのと与ダメ低くて防御も弱い
これが3号と4号のデメリット

でもデッドの拠点ダメージが少ないのはメリット







2号でも1戦やるかと思って
友達とブローデンに行ったんだけど


カセ人数負けでキープ近くまで押してたし
面白くないので抜けましt





次はちゃんと100人揃う所に行こうと思った


らいくんゴメンネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

2戦

inアーク VSエル

1戦目

接戦で負け

247







2戦目

リベンジセルベーン VSエル

敵にドラ

248







 
 
 
 
 
 

最近どの戦場いっても片手と皿が多い感じ

で、片手が見殺しにされるところをよく見る

 
 



 

 
 

かわいそうだなー片手

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 



抜けた戦場

水曜ワーグソーン




倒せてもいないイーグルトゥルー連打の

すないぱー(笑)がいたので\(^o^)/

 

 

 

今日はそんな感じ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

3戦

4号で1戦

244





敵にドラゴンが出たかなー

Lvあげたかったから抜けなかった

俺えらいとおもった






その後久々に2号で1戦

245





これ負け戦

与ダメランクはゲブ多数
デッドランクもゲブ多数

接戦だったからそこそこ面白かったかな

とはいえ初動はgmkzでしたね








んでもって久々に召喚

レイスやったら2ゲージ生きた

246







でも負けた






とりあえず死にすぎた一日

3デッドはないわー

 

両手は多くて2デッドまで

 

 

あとどの戦場も与ダメランクにヲリがいない

もっと頑張れ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

参両

242






めでたく24!!!!!!




リング5倍の書を使ってリングゲットもしたこれでかつrrr

いざ戦場へ





240



 

これはドラ負け

 

241  

 

 

これはびみょーに勝ち


どっちもgdgdだったなー


最近の戦場はどっちがより馬鹿かで決まるような気がするn-

より質の低いほうが負けるみたいな

上を競うんじゃなくて
下を争ってる感じ







でもたまーにウマイなあーって思える人はいるんだよな-



難しいn














243




何はともあれ
Lvと装備は一段落

2号は最近出番がない
うんタブンきのせい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

我道

これどうしようかなとおもったんだけど

217











 
 
 
 
 
 
 
 

やっぱり


 
 
 
 
 
 
 
 
 







238


















こうなるわけですね


ただ武器がないんだよなー

ゼビュは40だし
もう一本課金武器はもったいないし

















237_3

 

 

 

とか言ってたら何とらいくんが武器を取って来てくれたヾ(ω)ノ

ありがとうあいしてまswwwwwwww




すろーたーきたこれでかつr!!!!!



24Lvにしなきゃねwktk







って強化7段階ですかwwwwww

700リングwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww







\(^o^)/ やっべ今20しかないおわた







リング700がんばるぬwwwwww




というわけで3人目の両手もよろしくぁwせdrftgふじこlp;’「」










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


(´゚ω゚`)何も言うn

俺は両手しか出来ないんddd

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

ドラのいない日

でした

凄く楽しかった

2戦だけですが戦争へ





1戦目まひろ4

230




 

 

 

キルと削りとキコリ
全部頑張ってみた

でも4号はLv24なせいか
攻撃力が低いなーって思った戦場

特にひどかったのが
敵の40両手にヘビスマ→190


これは泣いた







悔しいので2号を出してみる

ゼビュも強化したしさっきの悔しさをこめてエンチャもした



231_2














232






俺頑張った







ドラゴンが出なくてとても楽しかった

いつもこうだといいなあ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »